『男性のシミ対策』できてしまったシミを薄くするコツとおすすめのシミ取りクリームをご紹介!

この記事をご覧になられているということは、すでにシミができて、どうにかしたい!と悩まれている方だと思います。シミが頬などにでてくると...。老けて見えがちになります。本当に嫌ですよね、なんとか消したい!...そんな気持ちになります。

今できてしまったシミは、若い頃から太陽を浴び続けてきた結果です。若い頃は、何も考えずに日焼けしても良かったんです...数年後には、シミとなってでてくるので、のちに後悔してしまうんですよね。わかりますその気持ち。

そこで、今回はシミを薄くしていくこと、シミ対策についてお話させていただき、そして、今後シミを増やさない方法についてもお伝えしていきたいと思います。

早めにシミに気づき、意識されただけでも、とても良い事だと思います。対策は早めに!が大切ですからね、では、みていきましょう。

日焼けがシミの大きな原因を作っていた

下記記事でもお伝えしましたが、シミには様々な原因があります。その中でも日焼けからくるシミは、防ぐことができたものだったんですよね。

シミの元になるメラニンが作られるサイクルは、体の防衛反応だった

 

紫外線を浴びると、肌を守るために活性酵素が発生します。その活性酵素がメラノサイトという部分に「メラニンを作れ」と命令を送り、作られたメラニンが皮膚表面まで運ばれ、肌表面が黒ずんで見える。これがシミの元になるメラニンが作られる流れなんです。

つまり、シミの元となる「メラニン」って肌が紫外線から体を守るために、作られたものなんですよね。

メラニンが作られた理由とは
シミの元の「メラニン」は、ただ作られるのではなく、紫外線から体を守るために作られていた!
シミって、嫌だなーー!としか考えてませんでしたが、体の防衛反応で、守ってくれているんですね。その証がメラニンなんです!こういうことを知ると,人間の体ってすごい!ってしみじみ思います。

肌は約28日周期で生まれ変わっていた

「メラニン」が作られる流れがわかったと思います。でも正常な肌であれば、黒ずんだ部分は、シミにならずに、いずれ消えてなくなるんですよね。あくまでも正常な肌に限ります。

上記が正常な状態の肌で、約28日周期で、肌が生まれ変わっているのです。「メラニン」が作られたとしても、きれいに消えてなくなるんです。子供の頃なんかは、おそらくこんな状態の肌だったのでしょう。

ちなみにこの肌が生まれ変わることを「ターンオーバー」と言います。

肌の周期が乱れることで、シミとなって残ってしまう

ここまでくると、だいたい想像つきますよね。肌の周期が乱れたら...。そう!シミができてしまうという事なんです。つまり、肌の周期の乱れさえなくせば、シミも防げるというわけなんです。

紫外線は、肌の周期を乱す大きな要因のひとつです。だからこそ、紫外線から肌を守る必要があるんです。そのために日焼け止め対策があるんですね。

ポイント
  • シミの元になる「メラニン」は体の防衛反応からできたもの
  • 肌の生まれ変わる周期が正常なら、シミはできない
  • 肌の生まれ変わる周期が乱れることで、シミとなる
  • 肌の周期を正常に保つ方法のひとつが紫外線から肌を守ること
重要日焼け止め対策は絶対に必要!

 

長時間太陽にあたることで、紫外線が皮膚にダメージを与えることを繰り返し、皮膚の入れ替わるターンオーバー周期がくずれます。その繰り返しによって皮膚に色がついて、沈着してしまうのです。そのためにも、日焼け止め対策はしていきましょうね。

もし、シミができいたら、下記をよく読み、しっかりとケアをしていきましょう。

できてしまったシミの対策方法

シミができてしまったら、本当にショックですよね。僕も顔にシミを発見したときは、かなりショックでしたね。シミができたからって、あきらめる事だけはしないでくださいね。

根気よくケアを続けていって、薄くしていくようにしましょう。いまのシミの色の状態より、ワントーン落ちるだけで、かなり目立たなくなりますからね!それだけ若々しい状態を取り戻せるとも言えます。

シミケアの手順
ポイント洗顔後に、この手順を行うようにしてください。
STEP1:500円ほどの化粧水をコットンにつける
コットン
STEP2:コットンを薄くはがす
※指先で、めくるとコットンを数枚に割くことができます。
STEP3:おでこ、左右の頬、鼻、あごの5ヶ所ほどにコットンをのせる

STEP4:3分ほどそのままおいてコットンをはがして、捨てる

STEP5:美白パックを、肌にのせる。5-10分ほどではがして、捨てる
STEP6:気になるシミ部分に、シミ取り用のクリームを塗る

STEP7:乳液を塗って、肌にフタをする
乳液の塗り方は下記をご覧ください。

美白パックは、「洗い流さないといけないタイプ」と「一回ごとに使い捨てるマスクタイプ」がございます。今回はマスクタイプで説明させていただきました。コスパ的には、洗い流すタイプのほうが良いですが、正直どちらを使ってもかまいません。



 

この手順、結構手間ですよね。シミケアってここまでしないといけないんです。できればこの手順で、シミを薄くしていって欲しいのですが...。どうしても時間がなかったり、面倒であれば、シミ取り用のクリームを塗るだけでも良いでしょう。

効果を感じたシミ取りクリーム

シミができてしまったら、ショックですよね!?まだ30代なのに...って思いますよね。そんなときは、シミを消す成分が入ったクリームを根気よく塗って消すようにしていきましょう。

実は、僕の頬のシミも下記のクリームを根気よく、毎日塗り続けることで、だいぶ薄くすることができました。まだ完全に消えてはいませんが、ワントーンでもツートーンでもシミの色が落ちただけでも、だいぶ印象が変わってきています。

いまでも塗っているので、さらにシミが薄くなってくると思います。一番濃い状態のシミの時から比べたら、格段に違うので、そうなれただけでもすごく嬉しかったです。

薄めのシミだったら、このクリームだけで、短期間で消せる気がします。それほど効果を感じた商品です。もし、現在シミができて、どうしよう!?と思われているなら、ぜひお試しいただけたらと思います。↓↓↓


使っていて効果が出たので、今後も完全にシミが消えるまで、僕はこれを使い続ける予定です。

今後、シミを増やさないための日焼け止めクリームの塗り方

日焼け止めクリームは、本当に大事!しかも正しい塗り方をしている人が、かなり少ないんですよね。僕もシミができてから、正しい塗り方を知りましたからね...。

もっと前から知っておけば良かったのに!って後悔しています。これからシミを増やさないためにも、正しい塗り方をマスターしていってくださいね。下記記事でもお伝えしましたが、こちらでも復習がてら記載させていただきました。

 

日焼け止めクリームを正しく塗ると、紫外線から肌をバリアしてくれます。

日焼け止めクリームの正しい塗り方です。もっとも重要な部分が、一定期間ごとに塗っていくこと。

日焼け止めクリームの正しい塗り方
ポイント2回に分けて塗っていきましょう

手の甲にクリームを出す
(五百円玉の半分の量ほど)

甲に出したクリームを指先で「おでこ、鼻、左右の頬、あご」の5箇所につける

クリームをのばす
(他の部分にクリームをのばす)

満遍なく顔全体にのばすようにする
(首周りにも塗ることも忘れずに)

これを2回繰り返しましょう。
(そうすることで、ムラなく塗ることができます)


※この赤い点部分に、まずクリームをのせていきましょう

最重要ポイント2~3時間おきに日焼け止めクリームを塗り直すようにする


クリームの塗り直しがどうしても面倒...そんな方は、スプレータイプを常備しておきましょう。サッとスプレーするだけでも、日焼け止めクリームの塗り直しに近い状態をつくれます。スプレータイプもバッグに1つ入れておくと便利です。


まとめ

さて、「シミ対策」についてお話してきました。いかがでしたでしょうか?できてしまったシミ...本当に嫌ですよね。防げるなら防ぎたかった...そんな感じで後悔もしてしまいますよね。

できたシミには、シミ用のケア方法で地道に行ってみて下さいね。少しずつシミを薄くすることができれば、若々しくなれますからね。

頑張って、根気よくケアしていきましょう。

本日のおさらい
  • 日焼けがシミの大きな原因だった
  • シミができてしまったら、根気よくシミ取り用のクリームを塗り込む
  • これ以上シミを増やさないためにも、正しい日焼け止めクリームの塗り方をマスターすること

もしシミでお困りでしたら、一度お試しで使ってみてくださいね。↓↓↓


スポンサーリンク
おすすめの記事